過払い金を取り戻す

商談中の男女

過払い金請求は、債務者が自ら行うこともできますが、法律家に依頼して代理で請求してもらうのが一般的です。というのも、過払い金請求をするにはそれなりの知識と時間が必要だからです。 まず、債権者に対して取引履歴の開示を求め、その取引履歴から利息制限法を元に本来の利息を計算、その結果、どのくらいの払い過ぎが生じているのかを確認します。 計算内容に従い請求書を作成、債権者に請求書を郵送して過払い金の返還を待ちます。大半の債権者はそのまま返還には応じず、和解交渉案を提示してくるでしょう。和解に応じるも応じないも債務者が判断して構いませんが、応じれない場合は訴訟を起こします。 このように過払い金請求は難しくはありませんが、労力はかかるため、快適に行うのなら法律家にお願いした方がいいでしょう。

過払い金請求を法律家に依頼すれば、もちろん費用がかかります。主に相談料、着手金、基本報酬、成功報酬がかかることになりますが、では実際に幾らの費用が必要になるのでしょうか。 相場としては、相談料は無料〜5000円、着手金は無料〜3万円、基本報酬は無料〜5万円、成功報酬は取り戻した過払い金の20%としています。 基本報酬は過払い金請求を行う債権者1社あたりにかかる費用ですので、基本報酬が5万円の法律事務所だと1社に請求するなら5万円、2社に請求するのなら10万円、3社に請求するなら15万円かかることになるでしょう。 ただし、取り戻した過払い金の中から費用を捻出することができるため、重くとらえる必要はありません。